『ライオン・キング』超実写版は、勇気をもらえる映画だった。

ライオン・キング超実写版 映画レビュー
ライオン・キング超実写版
スポンサーリンク

こんにちは。うたりです。

最近映画をポツポツ見ているので、余裕のあるときは記録代わりにレビューを書いていこうかと思います。
それほど数はないので、別ブログたちあげることなくこちらで。
ちなみに情報をまとめるつもりはないので、本当にただのレビューです。

ネタバレを含むので、アニメ版を知っており今回超実写版を観に行くか迷っている、もしくは誰かの感想を見てみたい方向け。
もし観に行くことを決めていて、全く『ライオン・キング』を知らないかたがいましたら、鑑賞後にご覧くださいね。

『ライオン・キング』超実写版(2019)について

8月9日(金)の公開初日、『ライオン・キング(字幕)超実写版』IMAX 3Dを鑑賞してきました。

『ライオン・キング』実写映画公式サイトはこちら!
https://www.disney.co.jp/movie/lionking2019.html

予告編はこちら!

とても弱りきっていた時に見に行った作品として、とても大正解。
元気になって帰ってこられました。

私から見た「あらすじ」

偉大なライオンの王ムファサの子として生まれた「シンバ」。

しかしムファサを妬むムファサの弟スカー(シンバの叔父)の陰謀によってムファサは殺され、シンバはそれが自分のせいだと思い込まされて、スカーに唆され故郷をひとり去ることになります。

砂漠で行き倒れていたシンバを助けたのが、イボイノシシのプンバァとミーアキャットのティモン。

陽気なティモンとプンバァのおかげでつらすぎる現実から目を背けて楽園のような場所でなんとか生き延びることができたシンバでしたが、何年か経ったある日、幼馴染のナラが現れます。

シンバが生きていたことを心から喜ぶナラだったが、ナラは助けを探しに来たのでした。

「スカーがハイエナと手を結び、故郷の動物たちは死に絶え、滅びそうだ」

自分のせいで父が死んだと思うシンバは、故郷へ帰る決意ができない。
ナラは失望して去っていきました。

そこへ、謎のヒヒ(ラフィキ)が現れます。
このラフィキ、実はオープニングのシンバの誕生の際に額に祝の印をつけたヒヒでした。

「父に会いたくないか?」

ラフィキに見せられたのは、水面に映る自分の姿。

自分の中の父と、どこからか聞こえてくる父からの声で奮い立ったシンバはナラとともに故郷へ帰ります。
そして、父の死の真相を知り、スカーとハイエナに戦いを挑むのでした。

「ハクナ・マタタ」が必要な時期も、きっと人生にはある。

父の死後すぐ、絶望しきったシンバを助けたのがティモンとプンバァの「ハクナ・マタタ」という言葉。

よく似た言葉で「ケ・セ・ラ・セラ」という言葉があります。
「なるようになるさ」ですね。

私もこれまで40数年生きてきて何回か絶望したことがありますが、本当になんとかなってきました。
というか「なんとかなる」というか、「なるようにしかならない」。

絶望に囚われたとき、この「ハクナ・マタタ」はきっととても良い薬になると思います。

「明るく楽しく深く考えず日々をただただ過ごす」。

その時間があってこそ、傷が癒えて次に進むことができるようになる。

だから、この段階が必要な時期は、きっと誰にでもやってくるのかなと。

矢印はまっすぐか。

ティモンとプンバァは、明るく楽しく生きる代わり、なるべく人への興味を持たずに軽く軽く、生きていました。

「矢印はまっすぐ」

そしてその矢印は他人へは向かわない。

楽園にナラがやってきた時にシンバが「こっちは親友のナラ」とティモンとプンバァに紹介するシーンがあります。
そこで「俺達は……?」と寂しそうにするシーンがあります。

シンバにとって、ティモンとプンバァは友達ではなかったのでしょうか。
ティモンとプンバァは、それがショックだったのだと思います。

そして、シンバが故郷を救うために戻るとき、ティモンとプンバァもついていきました。

「俺達の矢印は、ちょっと曲がっていたみたいだ」

私はこの二人がちょっと照れた様子で言うシーンが好きです。
きっとシンバを救ったときからずっと、ティモンとプンバァはシンバが大事だったんだと。
決して矢印は明後日の方向を向いてなかった。

深く考えず人に興味を持たないことは、とても楽だし、自分を守るためには必要なときもある。

でも、きっと、大事にすべき人が現れた時に、その矢印はくるんと丸まってサークルになるんだと思います。

シンバは「ハクナ・マタタ」で癒やされて、その環へ戻っていきました。

「サークル・オブ・ライフ」命の循環

オープニングに流れる壮大な曲。
命はつながっていくということ。

これは、私は親から子へ受け継がれるものだけではないと思います。

家族、友人、兄弟、恋人、パートナー。

大事に思う気持ちが循環していって、未来へつながっていく。

そこに、親から子への繋がりもその一部なのでしょう。

ここでちょっと思い出したのが、アニメにもなったマンガ『プラネテス』でした。

プラネテス公式サイトはこちら!
http://www.planet-es.net/

こちらも実際に読んだり観たりしていただきたいのですが、「愛」がテーマとして根底に流れています。

孤独だと思い込んでいた主人公が、後輩によって「人は愛によってつながっている」と気付かされるシーンで泣けました。

人と人は、愛でつながれる。

そして、親から子へ、命がつながっていくんでしょうね。
その子は、親からだけではなくたくさんの人から愛を受け取っていく。

私達はきっと、間接的にでも、みんな、命をつなげていっている。

辛いときは、逃げてもいい。そして癒やされてから、戻ることもできる。戻らなくてもいい。

「ハクナ・マタタ」と「サークル・オブ・ライフ」、対極のような考え方が両方とも大事だと『ライオン・キング』では表現されていました。

私は人生の中には逃げるときもあり、戦う時もあり、静観する時もあり、休むときもあると思っています。

それはその段階それぞれが尊く、どれが上というわけではないと思います。

人がどのような段階にいても、どのような生き方をしていても、それを認めて共存していけるものだと思っています。

理解できないものもあるかもしれませんが、その気持も無理に否定することなく、
「自分には理解できないけれど、そういうこともあるよね」と共に社会を共有していけると思います。

人間は本能的に虐めをするものかもしれません。
加害することから開放されるのは、ちょっとの勇気と人間にしかない知恵なのではないでしょうか。

自分には何ができるか考えさせられる作品でした

前回アップした記事「我が家のトイレットペーパーが、シングルからダブルに変わった話。」
https://nushisama.com/blog/2019/08/08/benjyogaminohanashi/

にも書きましたが、私は家族のことから逃げて、今回やっと向き合えるようになってきました。
とはいっても、きっとまた逃げる時期が来るような気もしています。

でも、いま自分にできることをしよう。そういう時期です。

そして、夫や子供、友人に対しても、自分が何ができるか。
そんなことをこの作品を観ることによってたくさん考えることができました。

子供向けにも大変おすすめな作品ですが、大人が観てもとてもおもしろく、示唆に富む作品だと思います。

もしアニメ版「ライオン・キング」をお好きで今回の超実写版を観に行くか迷っていらっしゃる方がいたら、「観て損はないんではないかな?」と。

私はIMAX 3Dで鑑賞しましたので2Dより更に立体的に写実的に超実写版を楽しめましたし、きっと2Dでも美しいのだろうなと、他の方の感想を読み感じました。

なにより、子供時代のシンバたちが可愛いよね。

最後に。心に残っているシーンを。

シンバ「僕には怖いものはないよ」
ムファサ(父)「私は怖かった、お前を失うことが」

偉大な王だって怖いものはあるのよ。むしろ、怖さを知るこそ偉大な王になれるのかもしれませんね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました